アレルギー

アレルギー、よく小さい子供の話をしているとよく耳にする言葉です。アレルギーは体を細菌などから守っている免疫という機能がある特定の物質に過剰な反応を起こして今うことをあらわします。ここでは、アレルギーの起こり方や対処方法などの基礎知識を紹介します。まずは、アレルギーについて知ることがあせらずに対応できる手段だということを忘れずに。

スポンサードリンク

アレルギーってなぁに?

体の中にはいろいろな機能がありますが、アレルギーに関する機能は「免疫」です。免疫とは体の中に病原菌などの異物が入ってきたときに、その病原菌や異物に対抗できる物質を体内で作って病原菌などを追い出す仕組み作り、その後同じ病原菌や異物が体内に入ったときにはその物質で追い出してしまう仕組みを免疫といいます。この免疫の仕組みが過剰に反応して自分の体まで攻撃し傷つけてしまうことを「アレルギー」と呼びます。その症状はさまざまですが代表的なものとしては皮膚炎や呼吸器系の気管支ぜんそくなどが上げられます。

アレルギーを起こす物質とは?

アレルギーの反応を起こしやすい物質にはダニやハウスダスト、花粉や食品などがあります。ただしアレルギー反応を起こす物質であるアレルゲンは個人によって異なりますのですべてが一緒というわけではありません。そのため症状に至っても湿疹や咳、鼻水などの生活に支障をきたさない軽い症状のものから、呼吸困難などの深刻な症状を起こす人までいます。このようなアレルギー反応を起こしやすい体質の人のことを「アレルギー体質」といいます。

スポンサードリンク

どうしたらアレルギーってわかるの?

アレルギーかどうかを知るための方法としては血液を採取する血液検査と皮膚テストと呼ばれるテストの2種類があります。この2種類のテストは生後1ヶ月の赤ちゃんからでも受けることができます。ただし、検査結果についてはアレルギーの目安となりますが実際の症状とは誤差が生じることがあります。この検査のアレルギーの反応を示す数値が高くても症状が出ないこともあるため、アレルギーの症状と問診することにより判断することもあります。

血液検査

アレルギー体質の人の血液中の総lgE値が高くなります。卵白やダニなどのアレルギーについてもそれぞれに対応したlgE値を指定して調べることも可能になります。

皮膚テスト

皮膚テストには2種類の方法があります。まず一つ目は、皮膚をひっかいて傷をつけて原因になりそうなアレルゲン液をたらし、腫れ具合を見るテストをプリックテストといいます。二つ目はアレルゲン液をばんそうこうにしみこませ、そのばんそうこうを2日間張り続け、反応をみるパッチテストがあります。

アレルギーはどんな人がなるの?

アレルギーを持っているかどうかは遺伝に関係することが多いようです。パパやママがアレルギー体質の場合は子供がアレルギーになる可能性が高くなります。ただし、可能性があったとしてもアレルギーが発症しないこともあります。症状の状態は年齢とともに変化していき、症状が軽くなる子もいれば重くなる子もいてさまざまです。

アレルギーのどんなことに気をつける?

赤ちゃんのお世話をするときに、体の変化があるかどうかを確認しておきましょう。ママがわからないくらいの症状なら気にすることはありませんがアレルギーは症状がいろいろあるので気になる症状が出たときには受診したときに伝えられるようにメモなどをとっておくようにしましょう。そのほかにも、環境の変化や食べたものなどを思い起こして一緒にメモしておくと後でとても便利です。

スポンサードリンク

Copyright 2006 すくすく赤ちゃん病気マニュアル All rights reserved.