食物アレルギー

食物アレルギーとは食べた食品や飲み物などに含まれるアレルゲンによりアレルギーを引き起こしてアレルギー症状が出ることをいいます。このアレルギーはそのアレルゲンを口にしない限り症状は現れません。

スポンサードリンク

食物アレルギーの主な症状は?

ある一定の食物を食べたり飲んだりしたときにアレルギー反応を起こして、体のさまざまな場所に症状が現れる病気です。

症状としてはじんましんや湿疹などの体の皮膚に出るものから、お腹を壊して下痢をしたり吐いたりする消化器官に影響が出る場合がよく見られます。そのほかにも目や鼻などに出る結膜炎や鼻炎、咳などの呼吸器官にでるもの、神経器官や精神症状などに出る場合もあります。食物アレルギーの症状はさまざまな体の部分に渡って現れます。この食物アレルギーによって気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などを起こす可能性もあります。

症状の重さなどもさまざまで、かゆみを感じるくらいの軽度のものからショック症状を起こし、最悪の場合はしに至る重度のものもあります。

症状の出るタイミングも一定ではなく、口にした瞬間に症状が出る場合と何時間も時間がたってから症状が現れる人もいてさまざまです。口にしてそんなに時間がたたないで症状が出た場合には原因の特定もしやすいのですが、症状が出るまで時間がかかる場合はアレルギーの専門医でも原因の特定は難しいそうです。

食物アレルギーの主な原因は?

食物アレルギーの原因となる食品は、あらゆる食品が原因となります。この食品の中で赤ちゃんがよくアレルギーを起こす食品は、卵と牛乳と小麦の3種類です。この3つのことをよく「3大食物アレルゲン」と呼ぶこともあります。この3種類のほかによくアレルギーを起こすものといえば大豆、ごま、そばなどもアレルギーを起こすことが多い食品です。大人になってから起こす食物アレルギーの比較的多い食品としてはえびやかになどの魚介類が多いようです。

大人よりも赤ちゃんのほうが食物アレルギーを起こすことが多いのは、赤ちゃんの消化器官や内臓などの発達がまだ未熟なためにアレルギーを起こしやすくなります。原因となる食物については一人一人さまざまなので自分で判断しないで医師にしっかりと診察と相談をしましょう。

スポンサードリンク

食物アレルギーの診断とは?

食物アレルギーには判断するための症状が出るまでの時間や現れる症状が一定ではないので原因となった食品を見つけるのは専門医でも判断が難しいことがあります。判断が難しい場合は問診やアレルギーテストなどを受け、時間をかけて診断されます。

問診には、どんなものを食べてどんな症状が出てきたか、パパやママにアレルギー体質の人がいるかなどを聞かれます。そのほかにも、過去2週間くらいの間に食べたものを調味料などまでも調べることがあります。

アレルギーテストでは血液検査や皮膚テストなどを行ってアレルギー体質かどうかを調べます。しかし、このテストの結果と実際の症状が一致しないことなども多いために、その食品を食べないように除去する前に決められた期間をその食品を抜いて症状が出るかどうかを見る「除去試験」やその反対に原因となるアレルゲンを食べてその症状を見る「負荷試験」などを行う必要がある場合もあります。ただし、これらの検査は危険を伴いますので必ず医師の診断と指導を受けて行いましょう。

食物アレルギーの治療とケアは?

アレルギーの原因となる食品を除去するのが中心となりますが、除去する場合には医師の指導のもとにしなければなりません。また、除去しなければならない食品がたくさんある場合は抗アレルギー薬が処方されることがあります。抗アレルギー薬は長期にわたって服用しなければならない薬ですが、安全性はとても高いとされています。

どんな場合でも、食品の除去をするときには医師の指導にしたがって行い、自分で勝手に食品を除去することは絶対にやめましょう。自分で判断し勝手に食品を除去することで赤ちゃんの発育に大きな影響が出る場合もあるのでかってに行うことはやめましょう。

なお、食物アレルギーになる食品が多くてもほとんどの場合は成長するとともに改善されていきます。そのため、赤ちゃんのときに卵などがアレルゲンと診断されていても大人になって食べられるようになることもあります。

食物アレルギーの豆知識

アナフィラキシー・ショックについて

特定の食品を食べたときに起こる急激なアレルギー反応のことです。通常はその食品を口にしてすぐか30分以内に症状があらわれます。その症状は顔色や唇が青ざめたり意識障害や呼吸困難など全身に症状があらわれます。この症状が出た場合、処置が遅れると命にかかわる危険性があるので症状があらわれた場合はすぐに救急車を呼び病院へ行きましょう。

食物アレルギーの3か条

食物アレルギーの3か条の1つ目は勝手な判断で食品を除去しないです。これは発育過程にある赤ちゃんはできるだけ食品の除去をしないほうが良いためです。2つ目ははじめての食べ物に注意するということです。これは食物アレルギーの原因は食品、食べてみないと実際にはアレルギーかどうかわかりません。そのため、初めて食べるときには1さじだけにしたり、症状があらわれたときにすぐに病院に駆け込めるように午前中に食べさせるなどの配慮をしてあげましょう。3つ目は買い物時に表示をチェックするということです。これは食物アレルギーと診断され、その原因がわかったときには買い物をするときにも食品の材料表示をチェックする習慣をつけるとよいでしょう。

スポンサードリンク

Copyright 2006 すくすく赤ちゃん病気マニュアル All rights reserved.