小児ぜんそく

ハウスダストやダニなどの屍骸などのアレルギーからなる気管支内の慢性的なアレルギー反応によって起こるぜんそくです。赤ちゃんのぜんそくのほとんどがアレルギーによるものです。

スポンサードリンク

小児ぜんそくの症状とは?

小児ぜんそくの主な症状は激しくせきこんでみたり、そのせきのせいで呼吸困難になったりするような発作を繰り返す病気です。この発作が起こると「ぜーぜー」や「ヒューヒュー」という苦しそうな呼吸音を出しながら息をします。この発作は軽度の場合は軽くせきをするくらいですが、症状が少し重くなるとせきのせいで呼吸困難になり酸素不足になり唇が紫色になります。このような症状の場合は意識を失うことがあるので至急病院で受信しましょう。

ただし「ぜーぜー」や「ヒューヒュー」といった呼吸音が出るのは1歳を過ぎたあたりくらいからでそれよりも小さい時にはのどのあたりで「ゼロゼロ」という音が息をするたびに出ることが多いです。ただし、赤ちゃんは気管支などが細く風邪を引いただけでも同じような症状が出やすく、ぜんそくとの見分けがつきにくくなることもあります。

小児ぜんそくの原因とは?

この小児ぜんそくの発作の原因は呼吸器官の気管支や気道などに炎症があることにより、呼吸をするときに何らかの刺激などに敏感に反応し気道の幅が狭くなってしまうことにより起こります。このぜんそくの起こる仕組みは大人も子供も同じ要因で起こります。小児ぜんそくとは子供がこの発作の症状を出すここと指します。

小児ぜんそくでは気管支や気道の炎症を起こしている原因のほとんどがアレルギーによって起こります。そのため、遺伝的にアレルギー体質である場合やアトピー性皮膚炎などにかかっている場合はこの小児ぜんそくはかかりやすいといわれています。

この気管の炎症を起こしているアレルギーの原因であるアレルゲンに多いのはハウスダストやダニ、カビやペットの毛などがあげられます。

小児ぜんそくの診断とは?

この病気は発作が起こっていなければ通常の元気な状態と変わらないため、診断したときには発作の状態を確認できなくなる場合もあります。発作が起きているときに診察できればすぐにぜんそく特有の呼吸音などで診断できることができます。判断できないときには問診が重要となります。発作のときの状態などをきちんと答えられるようにしておくと病状の判断もしやすくなると思います。ぜんそくの状態を知るためのテストであるピークフローテストもありますが5歳以上になってからでないと難しいようです。

スポンサードリンク

小児ぜんそくの治療とケアは?

治療する場合には薬が処方されます。処方される薬には発作を鎮めるための薬として気管支拡張薬が処方されます。もうひとつはぜんそくの原因であるアレルギーの反応を抑えるための抗アレルギー薬や気管支の炎症を抑えるためのステロイド剤入りの薬が処方されます。他にも家庭内で発作を起こさない環境をつくることも重要となります。家庭でのアレルゲンの除去をするためにも医師の相談をうけてアレルゲンを見つけ発作の起こらない環境を作りましょう。

ママにもできる小児ぜんそく対策

小児ぜんそくのほとんどの原因はアレルギーが原因です。それを予防する環境を作ることができるのはママだけなのです。

丁寧な掃除

ハウスダストやダニなどは小児ぜんそくの原因です。毎日丁寧な掃除をして部屋を清潔にすることでぜんそくの発作を起こさないようにしてあげましょう。

除湿と換気をこまめに

ダニは湿度の多いところに繁殖します。同様にかびも繁殖しやすくなります。換気をこまめにおこなって部屋の環境をすごしやすいものにしましょう。

たばこの煙は禁止

タバコの煙は小児ぜんそくの発作を起こす要因となるので小児ぜんそくとわかったら家は禁煙にしましょう。そのほかにも、外出先では禁煙席を選ぶなどして煙から極力避けるようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright 2006 すくすく赤ちゃん病気マニュアル All rights reserved.