• かかりやすい月齢:先天性・新生児期〜
  • かかりやすい季節:通年
  • 主な症状:皮膚の一部に色がついてるように見える

「あざ」とは?

皮膚の色素細胞や皮膚の下にある血管の先天的な異常で、皮膚の一部に色がついたように見えるものをあざと呼びます。あざには赤や青、黒、茶色のもの、平らなものや盛り上がったものなどたくさんの色や種類があります。また現れる場所も特定の場所はなくさまざまです。あざの中には遺伝性のものもあり生まれたときからあざがある場合もあります。

スポンサードリンク

「あざ」の原因

あざの原因としてははっきりとした原因はわかってはいません。青、黒、茶のあざはメラニン色素をつくるメラサイトという細胞の異常により起こります。赤いあざは毛細血管が異常に増殖したり、拡張したりして起こります。赤いのは血管の中の赤血球の色が透けて見えるものです。たいていは心配はいりませんがごくまれにほおっておくと悪性になるものがあります。大きさや腫れなどを毎日注意深く観察することが大切です。血管腫、カフェオレ斑、色素性母斑の場合で大きいものの場合は病院で受診して相談しましょう。美容的に気になる場所などの場合は早めに医師に相談しましょう。

「あざ」での種類と対処方法

青いあざ

蒙古斑、異所性蒙古斑

蒙古半とは日本人のほとんどの赤ちゃんにある灰色がかった青いあざのことをあらわします。おしりや腰、背中にできることが多く、形や大きさ、数などはさまざまで10歳くらいまでには自然と消えます。そのほかに、肩や足首などおしり以外の場所にあるものは異所性蒙古斑といい消えにくい場合はレーザー治療をおこなうことがありますが悪性ではありません。

太田母斑

生後数ヶ月ごろから片側の目の周辺や頬、額やこめかみにできる青と茶色が混ざったような平らなあざです。このあざはとくに男の子よりも女の子に多く白目や口の中にも見られることがあります。悪性化することはないのですが自然に消えることもありません。しかし、思春期になるとさらに濃くなる傾向があるので、気になる場合は早い時期に医師に相談し、レーザー治療したほうがいいでしょう。

茶色いあざ

扁平母斑

扁平母斑とは表面が平らで境目がはっきりした茶色のあざです。このあざは体のどの部分にもでき大きさや形などもさまざまです。生まれつきある場合と生まれてからできる場合があります。成長しても消えることはありませんが悪性化することはありません。小さいものや気にならないものはほおっておいても大丈夫です。気になる場合のときは医師に相談してレーザー治療をしたほうがいいでしょう。

カフェオレ斑

カフェオレ斑は乳幼児期にカフェオレ色のような淡い茶色の平らなあざです。生まれつきか、または乳幼児期に2cm以上大きさのカフェオレ斑が体に6個以上あるときは遺伝性の難病であるレックリングハウゼン病を発病する可能性があります。このレックリングハウゼン病とは脳や神経系、骨や目に異常が現れる病気です。カフェオレ斑が体に多く見られる場合は経過を調べるためにも早急に医師の診察を受けましょう。

スポンサードリンク

黒いあざ

先天性色素性母斑

先天性色素母斑とは生まれてすぐにあるこげ茶色や黒のあざです。このあざは小さいものになるとほくろと呼ばれ、大きいものは黒あざと呼ばれます。このあざは自然には消えませんが悪性化などの問題はありません。ただし、足のかかとの裏などの刺激の受けやすい場所であったり、大きさが5cm以上のものがあったり、急に数が増えたり大きくなったり、炎症が起こっているものは悪性化の可能性がありますの医師の診断を受けましょう。

赤いあざ

サーモンパッチ

サーモンパッチとは赤ちゃんに良く見られる赤あざで額の中央や眉間、上まぶたや上唇などの体の中央に沿ってでるサーモンピンク色のあざです。このあざは皮膚の毛細血管が拡張してできたもので、平らで境界もはっきりしていません。このあざは入浴後や泣いたときに赤みが強くなります。新生児特有のあざで最初のうちは目立ちますが、2歳くらいまでに自然と消えます。

いちご状血管腫

いちご状血管腫とはいちごを半分に切ったような鮮やかな赤いあざで生後一週間から一ヶ月くらいで丘疹や斑点が現れ、だんだんと盛り上がってきます。このあざはブツブツしていますが赤みはすこしずづきえていき7歳くらいまでには自然となくなります。部分によっては皮膚のたるみやしわが残ることがあります。いちご状血管腫は小さいものは心配ありませんが大きいものや場所によっては合併症を生じることがことがあるので医師と相談して治療しましょう。

単純性血管腫(ポートワイン母斑)

単純性血管腫とは生まれたときからある境目のはっきりわかるあざで別名ポートワイン母斑とよばれています。このあざの色は赤ワインのような色で盛り上がりはなく大きさもさまざまで顔を中心に体のあちこちにできます。悪性化はしませんが大きくなるにつれて消えるということはありません。気になる場合は医師と相談をしてレーザー治療をすることであざを薄くすることができます。

ウンナ母斑

ウンナ母斑とはサーモンパッチに良く似た平らなあざで後頭部の中心やうなじなどにできます。あざの半分程度は三歳くらいまでに消えますが、残りの半分については大人になっても残ります。このあざは大人になっても残っていますが悪性化することはないので特に治療の必要はありません。

スポンサードリンク

Copyright 2006 すくすく赤ちゃん病気マニュアル All rights reserved.