• かかりやすい月齢:新生児期〜
  • かかりやすい季節:通年
  • 主な症状:おしりや股に赤い湿疹

「皮膚 カンジダ症」とは?

皮膚カンジダ症とはカビの一種であるカンジダ菌というカビの感染により皮膚が炎症を起こしてしまう皮膚炎です。カンジダ菌の人の胃や腸、口内、皮膚の表面などに常に存在する菌で、常在菌と呼ばれています。赤ちゃんが健康なときや、皮膚が清潔で乾燥しているときなどにはこの病気の原因とはなりません。症状としては股やおしり、しわやくびれなどにも真っ赤でブツブツした湿疹がでます。

スポンサードリンク

「皮膚 カンジダ症」の原因

皮膚 カンジダ症の原因となるものは体の皮膚の湿度や温度が上がっているときや体調不良などで体の抵抗力が落ちているときに、おしりや股などの湿度が高くなるような場所にカンジダ菌が繁殖して赤く湿疹ができます。この皮膚カンジダ症はひざやひじなどの間接部分の内側や、おしりや股などの皮膚がこすれる場所に感染することが多く、特に赤ちゃんにいたってはおむつの中などは湿度が高く汚れていることもあるのでカンジダ菌が繁殖しやすい環境になります。よくおむつかぶれと症状が似ていることから間違うことが多い病気ですが、おむつかぶれとの違いは湿疹のできる場所がおむつの当たる部分だけ症状が出る場合はおむつかぶれで、カンジダ症の場合はくびれやしわなどの中まで広がって湿疹が出るのが特徴です。ひどくなると小さな水疱や膿のたまった膿疱などが見られるようになります。また、湿疹の出ている場所と正常な皮膚との境目がはっきりと分かれています。

「皮膚 カンジダ症」の受診の目安と治療

おしりや股など患部の清潔と乾燥をしっかりと注意していても直らなかったり市販されているオムツかぶれ用の薬を使って症状が悪化したときには、皮膚カンジダ症の可能性があるので受診しましょう。病院では皮膚の角質を使って顕微鏡でカンジダ菌があるかどうかを調べます。菌が見つかった場合はカンジダ用の抗菌薬入りの薬で治療します。薬を塗るときには患部を清潔にしてから薬を使うと1週間から2週間くらいで治ります。ただし、おむつかぶれと間違えてカンジダ症におむつかぶれの薬を使うと悪化します。その逆におむつかぶれにカンジダ症の薬を使っても症状はひどくなります。この二つは併発することがあるので気をつけましょう。もし併発した場合はカンジダ症を先に治療し、その後におむつかぶれを治療することになります。薬を使う場合には医師の診断を受けることをお勧めします。

スポンサードリンク

「皮膚 カンジダ症」のホームケアについて

家庭でのカンジダ症のケアをするときは、患部の清潔さと乾燥が一番大事です。赤ちゃんの場合はおむつはこまめに交換し、お風呂の時にはきれいに石鹸などをつかってすみずみまで洗ってあげましょう。また、おむつがえの時にうんちをしているときはやさしく洗ってあげましょう。洗った後は水分が残らないようにきれいにしわなども伸ばして拭いてあげましょう。カンジダ菌は乾燥に弱いのでおむつは赤ちゃんのおしりが完全に乾いてからはかせるようにしましょう。

「皮膚 カンジダ症」でよく使われる薬

カンジダ症の薬として病院で出される薬としては「フロリードD」や「エンペシドクリーム」などの抗菌薬入りの薬が処方されます。薬を使用するときは清潔にしてから処方された薬を塗るといいでしょう。注意点としては、おむつかぶれかカンジダ症なのかはっきりし、なるべくならママの判断で薬を使ったりしないようにし病院で受診した後に、その病気にあった薬を使用して症状の悪化を防ぎましょう。

スポンサードリンク

Copyright 2006 すくすく赤ちゃん病気マニュアル All rights reserved.