• かかりやすい月齢:2週間〜
  • かかりやすい季節:通年
  • 主な症状:顔や頭を中心に赤い湿疹ができる

乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹 とは?

乳児湿疹

乳児湿疹とは赤ちゃんが生後2週間くらいから1歳くらいまでに顔や体に出る失神のことを総称して乳児湿疹といい、多くの赤ちゃんが経験する皮膚の病気です。

乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹とは乳児湿疹が悪化したもので頭や髪の毛の生え際、まゆ毛などに黄色いかさぶたがつきます。この状態のことを乳児脂漏性湿疹と呼びます。また、少しベタつき、かさぶたの下には赤い湿疹があります。わきの下やおへそのまわり、脇の内側に症状が現れることもあります。

スポンサードリンク

乳児湿疹の原因

生まれたばかりの赤ちゃんはママのおなかの中にいたときにもらったホルモンの影響で皮脂の分泌がとても活発になります。そのため乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹を起こしやすいのです。とくに髪の毛の生え際や額は皮脂腺が発達しているため、症状が悪化しやすく注意が必要になります。悪化すると、同じ症状を何度も繰り返すこともありますので、根気よく治療しましょう。

そのほかの原因

非常にまれに起こる原因として、ビタミンB群の代謝異常や、皮膚に常在しているマラセチア菌というカビの一種が増えて湿疹が起こることもあります。

乳児湿疹での受診の目安と治療

乳児湿疹も乳児脂漏性湿疹もほとんどの場合、3〜4週間ほどで自然になおる場合がおおいです。肌を清潔にすることが一番の治療法です。しかし、嫌なにおいがする、かさぶたが赤くなる、かさぶたが厚くなって洗っても落ちないなどの症状が出て長引くようであれば、市販の薬を使う前に病院で診察を受けましょう。一時的に直っても症状を繰り返すようなときも受診したほうが安心です。

スポンサードリンク

乳児湿疹のホームケアについて

ホームケアでは、1日一回は入浴し、石鹸をよく泡立ててきれいに洗うことが予防にも治療にもなります。湿疹ができている患部も怖がらすに手でやさしく洗うようにしましょう。そのあとは石鹸の成分が残らないようにきちんとすすぎましょう。拭くときは、タオルでやさしく押すようにします。皮脂の分泌が盛んな部分がかさぶたの状態になってしまったら、無理にはがそうとせずにオリーブオイルや「亜鉛華単軟膏」でケアしましょう。

お口のまわりのケアの仕方

食事の際にミルクや食べこぼし、よだれなどが口のまわりについたらゴシゴシこすらず、皮膚を傷つけないようにガーゼでやさしく汚れを押すように拭いてあげるます。口のまわりの症状がひどい時には、食事の前に口のまわりに『白色ワセリン』を薄く塗ると肌を保護する効果があります。食後はぬるま湯で絞ったガーゼでやさしく拭き、保湿薬を塗っておくと良いです。

乳児脂漏性湿疹の洗い方

頭や髪の生え際は、オリーブオイルやベビーオイルなどをたっぷりと浸したコットンをかさぶた部分にあててふやかします。時間をおくと取れやすくなるので、できれば入浴前30分は、そのままの状態にしておきましょう。十分かさぶたをふやかしたら、シャンプーや石鹸できれいに洗います。多少力を入れてもかまいませんが、爪を立てるなどをして無理にはがさないようにしましょう。泡や石鹸の成分が残らないようにきれいに洗い流します。

よく使われる薬

乳児湿疹

ステロイド以外の外用薬の「アンダー無軟膏」などが使われます。

乳児脂漏性湿疹

ステロイド外用薬を塗ったあとに「亜鉛華単軟膏」などが使われます。

スポンサードリンク

Copyright 2006 すくすく赤ちゃん病気マニュアル All rights reserved.