• かかりやすい月齢:新生児期〜
  • かかりやすい季節:通年
  • 主な症状:おしりにブツブツや水疱

「おむつかぶれ」とは?

おむつをしている部分がウンチやおしっこの刺激によって炎症を起こして真っ赤にただれたりジュクジュクになってしまうのがおむつかぶれです。悪化すると赤いブツブツができ、重傷になると水疱ができ、皮膚がむけてびらんになります。うんちがやわらかく頻繁にでて、おしっこの回数が多い低月齢の赤ちゃんがかかりやすい皮膚の病気です。

スポンサードリンク

「おむつかぶれ」の原因

おむつのかぶれの原因としては、うんちやおしっこに含まれる酵素やアンモニアなどの刺激とおむつに肌がこすれたり、おしりを拭くなどした刺激などが原因となり起こります。おむつの中がむれやすい夏や下痢が続いたときに特になりやすいので注意しましょう。症状がひどいとおしりがピリピリと痛むので、赤ちゃんは不機嫌になって、うんちやおしっこのたびに泣くこともあります。

「おむつかぶれ」での受診の目安と治療

おむつかぶれは原因となる赤ちゃんのおしっこやうんちが、肌に触れている時間を少なくし、清潔と乾燥を心がけることがいちばん重要です。もし悪化してしまったときやただれがひどく皮がむけているときはすぐに病院で受診しましょう。

スポンサードリンク

「おむつかぶれ」のホームケアについて

おむつはこまめに替えて、清潔かつ乾燥を保つように心がけます。おむつ替えのときにはすぐに新しいおむつを着けずにやさしく風に当てたり乾いたガーゼで押さえて湿り気を吸い取りましょう。布おむつやおむつカバーには肌への刺激が少ない柔らかい素材で、通気性のいいものを選びましょう。そのほかにも、シャワーで流す、おしりを洗面器につけてぬるま湯で洗うなどをして、おしりに汚れがついたままにしないようにしましょう。おしりが洗えないときには市販のおしりふきが刺激になることがあるので、お湯でぬらしたガーゼやコットンなど柔らかく刺激の少ないものでやさしく拭いてあげましょう。

「おむつかぶれ」でよく使われる薬

病院で処方されるのは、炎症を抑えるステロイド薬を含まない「アンダーム軟膏」などが処方されます。病状がひどいときには、弱いステロイド薬入り軟膏が出されることもあります。しかし、なかなかおむつかぶれが治らない場合は、カビの一種であるカンジダ菌が原因である可能性も考えられます。この場合はステロイド薬入り軟膏を使うと悪化するので注意が必要です。亜鉛華単軟膏やアズノール軟膏などの保護薬を塗っておくと予防の一つにもなります。軽い症状の時には市販薬を使ってもいいのですが、悪化したり直らないときにはやはり病院に行き受診しましょう。

スポンサードリンク

Copyright 2006 すくすく赤ちゃん病気マニュアル All rights reserved.